卵の食べ過ぎでおならが臭い!肝臓に悪影響を与える危険が増すとは?

体の悩み

食材としての卵は、
どの料理にも必ずと言っていいほど
入っているくらい

”なくてはならないもの”

卵なしには生きていけない
という事を言う人がいるくらいです。

スポンサーリンク

 

しかし、卵を食べ過ぎてしまうと
おならが臭くなるという症状が出てきます。。

あまりにもにおいがキツイと
ちょっと体への影響も心配なってきたりしますねww

 

そこで、クサイおならのにおいが
体にどんな影響を与えるのかとか

また、卵を食べても
クサイにおいにならない対策法などを
この記事でまとめてみましたので

是非、参考にしてみてください。

 

卵の食べ過ぎでおならが臭いにおいとなるのはなぜ?

おなら(ガス)は、食事している時に
食べ物と一緒に入ってきた空気と
腸内でつくられたガスが一緒になったものです。

 

そして、腸内のガスは、
乳酸菌や悪玉菌などの腸内細菌が、

食べ物などを分解するプロセスから
生まれてきたものです。

 

だから、腸の健康状態によって
どんなにおいのガスができるのかが変わってきます。

においがキツイガスもあれば
特に気にならないガスもあるわけですね。

 

大便は大きな便りと書くように
健康状態を測るバロメータとなるわけですが、

おならのにおいもそれと同様で
においの良し悪しによって

健康のバロメータを測る事ができます。

 

卵は一つは約50g(Mサイズ)あるんですけど

人のタンパク質の消化能力では
食べ過ぎると処理できないと言われています。

もちろん、消化能力には個人差があります。

 

うまく消化できなかったタンパク質は
腸の中で腐ってしまうんですね。

 

夏場のジメジメした時期に
殻を割った卵を外に出していると
あっという間に腐敗していきます。

それと同じような事が腸内でも起こっているんです。

 

38度位と言われる腸内環境に
うまく消化できてないタンパク質が
腸内に運ばれてくると

腐りやすくなるということです

 

食べた卵が食道や胃で完璧に
消化できていれば問題ないんですが、

消化能力を超えた分量を食べてしまうと
確実に腸内で腐ってくるわけです。。

 

このことが、卵を食べ過ぎてしまうと
おならが臭くなってしまう原因になります。

臭いおならが出るときほど
腸内の悪玉菌が優位になっている証拠です。

 

卵の食べ過ぎでおならが硫黄の臭いに・・

おならの臭いは、健康のバロメータであり
体が出してくるサインです。

 

窒素、炭酸ガス、水素、メタン、
酸素は→→腸内ガスに含まれています。

それにプラスして
腸内細菌によって分解されつくられた

硫化水素、アンモニア、インドール、
スカトール、フェノール、メタンといったガスがふくまれています

 

特にイオウのようなにおいがするのは
硫化水素が関係しているんですね。

 

タンパク質を構成しているアミノ酸には
メチオニン、システィン等の含硫アミノ酸があります。

分子内にイオウを含んでいるアミノ酸です

 

卵の蛋白質には、この含硫アミノ酸が
他の動物性タンパク質よりも多く含んでいるので

卵をたくさん食べてしまうと
食べた分だけイオウを多く摂ることになるわけです。

 

イオウが腸内で硫化水素に変わると
おならのにおいがイオウのようになるんですね。

 

これらのガスがクサイおならをつくってる
悪臭性のガスになります。

スポンサーリンク

うまく消化できずに腐ってしまった卵は
腸内の悪玉菌にとってはご馳走になり、

益々、悪玉菌による分解が進むことになるわけです。

 

あと、卵だけには限らないんですけど

野菜をたべないために
食物繊維が不足している人も

腸内に大便がたまってしまい

それが、臭いガスを生み出してしまう
元にもなったりします。

 

卵の食べ過ぎで肝臓は毒ガス攻撃を受ける?

消化できなかった卵が腸内で腐ってくると

 

アンモニア、硫化水素、インドール、
スカトールフェノール、メタンといった

有毒物質を生んでしまうわけなんですが

 

体の中で解毒作用を担当している肝臓は
腸内に発生した毒ガスの処理で、

かなりのダメージを受けてしまう事になります。

 

腸は、吸い取り紙みたいなもので
これら有毒なガスも吸収してしまいます。

 

特に冷たいものを飲んだり食べたりしていたり、

食品添加物だとか消化が上手く
処理できないような食べ物を習慣的にとっていると

腸の免疫のバリアがうまく働かず、
体内に入りやすくなるわけですね。

 

血液の流れ込んだこれから有毒ガスが
血流に乗って、肝臓に運ばれるんですが、

肝臓の解毒作用によって
処理が進められます。

 

 

しかしいつも腸内環境が
悪い状態になっていると、

肝臓もさすがに疲れてくることになるわけです。

 

 

職場環境悪化から
過労死する人が増えていますが、

休むことなく、無理に無理を重ねていると

どこかで破綻する時がくるわけです。

 

 

肝腎要の臓器の肝臓が疲れてくることで

健康維持にも黄色信号が
ともってくることになるんですね。

 

 

卵の食べ過ぎとおならの臭い対策・・

おならのニオイ改善方法を行いましょう。

乳酸菌を多くとって、腸の善玉菌を増やすことです。

 

悪玉菌優位になってる腸内環境を
善玉菌優位な状態に改善することが大切です。

ちなみに、乳酸菌は、動物性(ヨーグルト)のものより植物性の方が望ましいです。

 

もちろん、おならが臭くなるほど
卵の食べ過ぎにならないようにすることも必要です。

それと、卵を食べたら、
野菜を同時に食べることが大切なんですね。

 

そうでないと、腸内にカスが
たまってしまい

クサイおならがでる原因になってしまいますから

と同時に、卵の食べ過ぎには
注意することも大切なんですよね

 

ちなみにおならの回数が多い人は、
ごはんと一緒に空気を飲み込みやすい
クセを持ってる人に多いそうです。

呑気症(のんきしょう)と呼ばれ、
あまり噛まない人とか早食いの人に多いと言われてます。

 

麺類が好きな人にも多いようです
ラーメンとかうどんを食べる時はすすって食べますよね。

その時一緒に空気が入ってくるんです。

ゆっくり良く噛んで食べることが
この場合の改善策になります。

 

まとめ

卵を食べるとどうしておならが臭くなるのか

その原因についてや

卵を食べてもおならのにおいが気になるなくなる為の

対策方法などを書いてきました。

 

卵は完璧な栄養食品と言われるほどの

必須アミノ酸とかビタミンなどをバランスよく

含んで知る食材です。

 

ただ、いいからと言って

いくら食べてもいいというわけではありません。

おならが臭くならない程度に

食べることが大切です。

スポンサーリンク

コメント