【入学祝い】大学に進学する甥に渡す金額の相場は?プレゼントを贈るとしたら

入学祝い

甥っ子や姪っ子が大学に進学する!

何か”お祝い”しなくては・・・と
ふと思った時に、

祝い金って、だいたいどのくらい

あげたらいいものだろうか?

他の人は「どのくらいあげているんだろう」とかが気になるものです。

スポンサーリンク

そこで、今回は大学に進学する甥(姪)には、
いくらの金額をあげたらいいのか
その”相場”についてや

お金の代わりにプレゼントするなら
「どんなもの贈ってあげたらいいのか?」等についてまとめてみました。

是非、参考にしてみてください。

 

大学入学祝い・甥(姪)への相場金額っていくら?

ネットでいろいろと調べてみましたが

大学の入学祝いとして
甥っ子(姪っ子)に渡す金額は、

10,000円の人もいれば、10万を超える金額を贈っている人もいました

 

なかには、全く渡さないという人も・・

「入学祝いはいくら贈るのか?」という
決まった金額はないのですが、

大学の入学のお祝い金の目安として
10,000~30,000円を贈っている人が多いようですね。

 


引用元URL:https://contents.netbk.co.jp/pc/pdf/enq_100329.pdf

 

ちょっと古いデータになりますが
住信SBIネット銀行株式会社が

自社のお客さんに対して行った調査によると
大学への入学祝いの金額は約46000円というデータを発表していました。

 

但し、祖父母がお孫さんに
贈った金額もふくまれていますので

甥(姪)っ子への金額ではありません。

甥(姪)っ子にあげる年代を考えると
40代~50代くらいが考えられるので

30000円弱をお祝い金として贈っている人が
多いようですね。

 

大学生活がはじまると
意外とお金がかかるものです。

特に、地方から都会へ進学する子供さんは、
想定以上にお金がかかります。

無理のない範囲や大学生活を応援してあげる
意味も込めて、30000円前後
妥当なのかもしれません。

 

あとは、甥(姪)っ子さんと普段から
どんな付き合いをしているかによっても
変わってくるかもしれませんね。

あくまでも、気持ちの部分が大切です・・・

 

私も、今年、甥っ子が大学進学です。

思い切って10万円くらい奮発して
あげたいところですが、あまり無理もできないので、

”30000円”前後を考えているところです。

 

大学入学祝いにおすすめのプレゼントは?

大学の入学祝いでもらってうれしいのは
やっぱり”お金”のようですが、

スポンサーリンク

お金は、使ってしまえばそれでおしまい!

 

だから、形の残るものとして
何かプレゼントしてあげるのもいいかもしれません。

普段から、甥(姪)っ子と
コミュニケーションがとれているなら

「何がほしいのか?」を
率直に聞いておくのもいいでしょう。

 

大学入学祝いのプレゼントの定番は、

〇本革製の財布
〇formalなネクタイ
〇万年筆

 

この三つはあったら役立つものですし
ずっと愛用してくれます。

凝るなら、名前入りのものを
プレゼントしてあげるといいでしょう。

 

自分の名前が入っているモノは
大事に使ってくれます!

 

 

これは、一昨年、マイナビニュースが
現役の大学生にアンケート調査したもので

大学の入学祝いで
もらって嬉しかったものや
欲しかったものは

「なんですか?」というものを
まとめた表です。

 

入学する前は、なかなか気づかないものですが、

生活をはじめて、必用なものが
いろいろとわかってくるものです。

後々のことを考えたら
役にたつものをプレゼントしてあげると
喜ばれますね。

 

入学祝いをわたすときに気をつけたいこと

 

〇いつわたす?
入学する2~3週間前

〇ご祝儀袋
お札は表向きに入れる

〇どんなのしを使う
紅白の水引 蝶結びのものを

〇新札を
お祝いごとには新札を

 

甥(姪)っ子が遠方にいる人は、
手渡しするのは難しいですよね。

気軽に振込するということもありますが
あまりにも味気ない気がするので

できれば、祝儀袋に入れて
贈ってあげる方がいいかと思います!

 

まとめ

以上、甥(姪)っ子の大学入学祝いについて

いくらくらい送ったらいいのか
相場はどのくらいなのか?

そして、プレゼントするなら
どんなものをあげたらいいのか等
について、まとめてました。

 

私の場合には、叔父や叔母は
特別に祝い金をもらったという記憶がないのですが、

今は、なんとなく”相場”みたいなものがあるようです。

本文でも書きましたが
私も、今年、甥っ子が大学に進学します。

ま、できる範囲で
祝ってあげたいですね。

 

スポンサーリンク

コメント