パイナップルが消化にいい理由とは?消化を助ける酵素の働きが注目

食べ物

お肉などの動物性タンパク質が好きな人、

どうしても、食べ過ぎになってしまう人に、おすすめの食べ物がパイナップルです。

パイナップルの消化促進効果を特集する健康誌などもあって、今、注目を集めています。

スポンサーリンク

そこで、今回は、パイナップルがどうして消化にいいのか?という理由や

消化促進が期待できるパイナップルの食べ方などについてまとめてみました。

是非参考してみてください。

パイナップルが消化にいい理由?

パイナップルは、消化にいい果物です。

 

そもそも、消化というのは、
口から入れた食べ物を腸からスムーズに体内へと吸収できる大きさまで

小さく分解していく働きです。

人間は、消化をしていくときに
消化酵素を使って分解していきます。

 

タンパク質は、プロテアーゼという酵素で

脂肪は、リパーゼという酵素で

そして、炭水化物はアミラーゼという酵素で分解していきます。

 

パイナップルには、この人の消化を助ける酵素が豊富に含まれているんです!

 

それが”プロメリン”という消化酵素で、

この酵素は主に、タンパク質を分解してくれます!

 

タンパク質には、お肉やお魚などの動物性タンパク質と大豆などの植物性タンパク質があります。

そして、腸から吸収される際には、その両方とも最終的には”アミノ酸”というサイズにして吸収されるんですが、

動物性のタンパク質の方は、
植物性のタンパク質よりも複雑な組織になっていて

消化するのにかなりのエネルギーを使います。

 

現代人は、お肉を食べる機会が増えているので、

ストレスがあったり、胃腸の働きがいまいちの時などは、自前の消化酵素がうまく働かず、胃がもたれた感じがしたり、下痢や便秘になったりします。

スポンサーリンク

パイナップルの”ブロメライン”が胃の中で働くと、食べた肉や魚など、タンパク質の消化を促進。

 

消化不良になるのを防ぎ、消化を助ける働きを存分にしてくれます。

他には、豊富に含まれたクエン酸(酸っぱい)が
胃液の分泌を良くして、消化にかかる時間を短くする働きも期待されます。

 

食べた後、眠くなるのは、
体のエネルギーを消化の方へとまわしてしまうからで、

それくらい、食べ物の消化にはエネルギーをつかいます。

 

そういった意味でも、消化促進を助け、体の負担を軽くしてくれるのに
パイナップルが一役買ってくれるわけですね。

 

 消化を促進させるパイナップルの効果的な食べ方

ブロメラインは熱に弱く、熱が加わると壊れてしまうので

デザートやフレッシュジュースなどにして生のままで食べる方がいいでしょう。

 

1日に何回かに分けて食べる方がより効果的。

ちびり、ちびり、飲む水が血流を常時よくしていく働きを維持するのと同じ要領で、パイナップルを利用して、

消化促進する環境を、お腹の中につくってしまうのもいい方法かもしれません。

 

パイナップルが嫌いでなければですが・・・

 

ちなみに、パイナップルの酵素・プロメリンは、60度を超える熱が加わると壊れます。

なので、缶詰にはこの酵素の働きは期待できません。

 

関連記事 パイナップルを食べたら激しい胃痛?その原因と対処法を紹介

 

まとめ

消化不良をおこす原因には多くのものがあげられます。

 

その中には食べ過ぎや、肉類などの動物性タンパク質、脂肪分が多い食事内容などもあります。

また、噛んで食べていないということや

 

お腹いっぱい食べる習慣のある方や食べる時間が、夜、遅くなってしまう人、

お肉が好き過ぎて、どうしても減らせない、お腹いっぱい食べないと、我慢できない人などは、

 

消化を助けるという目的で、
パイナップルを上手に活用されるといいかもしれません。

 

スポンサーリンク

コメント