生活情報

もち麦ご飯を食べても効果なし…その原因は?なぜ便秘やガスがたまるのか

 

ダイエットや便秘解消を期待して
もち麦を食べてみたものの

なかには、結果が出ない人もいるようです。

それは、もち麦が悪いのではなく
活用の仕方が、ちょっと間違っているのかもしれません。

どうして、思い通りの効果が現れないのか?

 

その理由を考えてみることで、
もち麦の効果を上げることにつながります。

今回は、まずはじめにどうして
効果につながらないのかを考えてから

効果が出す為にはどうすればいいのかについて
まとめてみましたので、

是非参考にしてみてくさい

 

もち麦ご飯を食べても効果なし?その原因は・・・

せっかく、もち麦入りのご飯を
食べるようにしたのに

ダイエットや便秘解消に
思うような効果を実感できないという
人が中にはいるようです。

その原因をみてみます・・・

■ダイエット目的でもち麦を食べている人は
以下の点がないか確認してみましょう。

◆実践期間が短い

薬ではないので、今日食べて即、
効果が現れるということはありません。

2週間から3週間ほどは
様子を見るようにしましょう。

◆食べ過ぎ&早食い

食べてみたら、意外とおいしかった!

その為、いつもより食べる量が
増えていることはないでしょうか?

また、早食いになっていませんか。

◆間食が増えてる

「もち麦を食べているから大丈夫!」と
思ってしまい、間食が増えている事も。

◆正しい分量でなかったり
違った食べ方をしていなかったか?

ダイエットは単純な数式です。
摂取カロリー<消費カロリー

もち麦ご飯で
ダイエットしようと思ったら、

まずは、ゆっくり食べる事から
意識してみてはいかがでしょう!

 

■ なかなか便秘が解消されなかったり
ガスがたまりやすくなった人

◆食物繊維の摂りすぎ

ガスがたまりやすくなるのは
”食物繊維の摂り過ぎ”が関係しています。

お腹の調子を整えるからといっても
多ければいいというわけではありません。

食物繊維を摂りすぎることで、
腸内の水分を吸収しすぎてしまい、

便が硬くなって腸に負担がかかります。

 

食物繊維の摂り過ぎ
↓↓↓↓↓
便秘が悪化
↓↓↓↓↓
腸内環境も悪化
↓↓↓↓↓
ガスがたまりやすくなる

 

□ガスがたまりやすくなる・・

腸内環境が悪化してくると
ウェルシュ菌や大腸菌などの
悪玉菌が増えてきます。

インドールやスカトール等の
有害物質つくりだし
それが、ガスの元になります。

おならの回数が増えた
臭いがきつくなっていれば、

食物繊維の摂り過ぎに
なっているのかもしれません。

 

◆摂るタイミング&作り方の間違い

便秘が解消されなかったという方は、
朝食べていない、

もしくは夜だけ食べていたなど、
食べるタイミングを間違えている
可能性も考えられます。

それと正しい作り方になっているかどうかも
関係しています。

 

もち麦ご飯をつくる時の割合や、
水の量、浸す時間を確認しましょう。

間違ったつくり方をしてしまうと
もち麦が硬いままできてしまいます。

 

ちゃんとできていても、もち麦ご飯は
よく噛む必要があるのですが、

余計に硬くなっていると

消化自体がうまくいかず、
腸の働きも悪くなり、

便秘が悪化してしまう事態になることも
考えられます。

 

特に朝食でシッカリ食べる事が大切です。

朝は身体の排泄の時間。
ここで胃腸の働きを良くして、

腸の蠕動(ぜんどう)運動を
活発にさせることで
便の排出を促していきます。

 

便秘解消を目的に
もち麦ご飯を食べるなら、

まずは朝食べることから始めてみましょう。

「よく噛んで食べる」ことも
大切なポイントの一つです。

 

もち麦はどのくらいの量を食べればいいの?

もち麦に含まれているβグルカンは
1日に3g以上とれればOKです。

白米にもち麦を3~5割混ぜて炊いた
もち麦ごはんを1日1~2回

もち麦を50~60g食べるようにすると
3g以上のβグルカンが摂れます。

スポンサーリンク

 

同じ水溶性食物繊維でも
食品によってその働き方が
少しずつ異なってきます。

ですから、もち麦にプラスして
海藻類やゴボウ等の

水溶性食物繊維を含んだモノも
一緒に摂るようにしましょう。

 

不溶性食物繊維は、
便通をよくし、腸内環境を改善するのに
役立つので、

野菜や豆、いもなども
きちんと食べることが大切です。

腸内に善玉菌を増やす
納豆や味噌、キムチ、ヨーグルトといった

発酵食品も食べると
さらに効果が期待されます。

 

 

ココまでは、
もち麦ご飯を食べても思うような
効果につながらないのは何故か?

その理由についてみてきました。

注意すべき点を見直しながら
実践していただくと
良い効果につながるはずです。

改めて、もち麦の効果について
まとめてみました。

 

もち麦の効果を再確認!

もち麦は大麦の一種。

栄養価は白米より高く
ビタミンB1、鉄などのミネラルが豊富

 

栄養価一覧~
100g中の栄養成分

エネルギー量 339kcal

食物繊維 12.9
水溶性 3.9g

ナトリウム 2mg
カリウム 170mg
カルシウム 17mg
マグネシウム 25mg
鉄 1mg

ビタミンB1 0.06mg
ビタミンB2 0.04mg

 

食物繊維の含有率が高く
食物繊維は白米の25倍。

モチッとした食感や食欲をそそる
香りが特徴です。

もち麦の食物繊維は
水溶性食物繊維

腸内でコレステロールや
老廃物など体に必要のない
物質を体の外へ排出する働きがあります。

 

コレステロール値の低下や
血糖値の上昇を抑える

生活習慣病、メタボの予防に、
水溶性食物繊維が不可欠。

 

水溶性食物繊維のなかで
もち麦に多く含まれているのが
βグルカンです。

βグルカンは、コレステロールを
分解して胆汁酸を排出して

コレステロールの分解を促します。

 

腸からのブドウ糖の吸収を
抑えてくれます。

緩やかにしてインスリンの分泌を
抑えるため糖尿病の予防や

ダイエットにも効果を発揮します。

 

強い粘度によって、
腸内をゆっくると移動することから

腹持ちがよく食べ過ぎを防いでくれるので
肥満予防の効果も期待できます。

 

重要なポイントは、
元々ある腸内細菌を
増やすのに

水溶性食物繊維が大切な
働きをしてくれるということです。

 

腸内の善玉菌のエサになって
腸内環境を整えるのですが、

外部からいくら乳酸菌など送り込んでも
腸内に住み着くことはできません。

母親から受け継いだ腸内細菌を
増やしいくしかないのですが、

その時、力になるのが
水溶性食物繊維ということです。

 

もち麦ごはんのつくり方

白米ともち麦は同量でたきますが
はじめてなら
白米7、もち麦3の割合から始めてみましょう

白米1合、もち麦1合
炊きあがりは2合分として・・・

 

1、白米ともち麦は同じ量用意する

2、白米を入れ、水加減する
白米は洗ってざるに上げる。
炊飯ジャーに入れ、水を1の目盛りまでいれる。

もち麦、水360mlを入れる

3、もち麦と、その2倍量の水をプラスする

もち麦、水を加えて軽く全体を混ぜ、
”30分”ほど浸水させてから普通に炊く。

もち麦ご飯が炊きあがったら
底から返すように混ぜてほぐします。

 

まとめ

最近は、腸の健康状態と
人の寿命との関係が注目されるように
なってきました。

学生の頃、アルバイト先のおばちゃんが
内臓は大事にしないと
長生きしないよ・・・と

よく語っていたのを思いだします。

 

いろいろと高価な健康食品が
販売されていますが、

もち麦を上手に活用すれば、
それ以上の効果が期待できると思います。

是非、健康づくりに役立てて
みてください。

スポンサーリンク

-生活情報

© 2020 生活の知恵備忘録 Powered by AFFINGER5