高カカオチョコレートの食べ方!摂取量とタイミングには注意を

生活情報

 

NHKのあさイチや「健康カプセル!
元気の時間」等で取り上げられた事もあって

今、高カカオチョコレートが
大人気となっています。

日本人のいいところでもあり
悪いところでもあるのですが

いくら健康に良いからといっても
たくさん食べれば、よりいい効果が期待できる

というものではありませんよね。

スポンサーリンク

やはり、効果を上げる為には
適量や摂るタイミング等が大事になってきます。

そこで今回は、
高カカオチョコレートの食べ方や
注意点&副作用について

まとめてみましたので
是非、参考にしてみてください。

 

高カカオチョコレートの食べ方

◆1日どれくらい&いつ食べるといい?

 

普通のチョコレートは
カカオの含有量は30%~40%ほどなのですが

高カカオチョコレートの場合は
カカオ含有量は、70%以上になっています。

これを見てもかなりカカオの量が
かなり多いことがわかりますね。

血糖値の上昇を抑えたいとか
ダイエット効果を期待しているなら
朝、昼、夜の食事前に・・

 

ごはんをおかわりしたいという
衝動にかられた時などに食べるとか

つい食べ過ぎになる習慣を持っている人
などは、そんな使い方オススメです。

 

また、同じように間食したい時にも
高カカオチョコレートを口にしましょう。

”食べる量”は1回5g程度
”1日で摂る量”は25gづつ

 

カカオに含まれる抗酸化効果を
日中にかけて持続させるなら、

一回で摂ってしまうのではなく
こまめに分けてとることです。

 

◆ポリフェノール

ポリフェノールは、
植物が紫外線による酸化ストレスから
自ら守る為に作り出す抗酸化物質。

なかでもカカオに含まれる
ポリフェノールは自然界にある
抗酸化物質の中でも

特に強力だと言われています。

 

インスリン抵抗性を改善し
少量のインスリンでも効きやすくすることで、

血糖値が下げる効果があることが
わかっています。

 

適量を守っておけば特に問題はないのですが

健康にいいからと
食べ過ぎてもしまっては

せっかくの効果も水の泡。

 

いい作用がある代わりに
摂りすぎてしまうと

その反対の作用も出てきます。

 

◆食べ方によっては副作用も?

カカオの含有量が普通のチョコより
多いということなので、

脂肪分が多く、食べ過ぎると
カロリー過多になるのが気になるところです。

 

また、多くの脂肪分が腸に送られると
過剰に反応して下痢を起こすことも

カカオにはカフェインやデオブロミンが
含まれていますが、

スポンサーリンク

高カカオチョコレートは普通のチョコよりも
2倍~4倍以上、多く含まれます。

 

その為、興奮作用や利尿作用、
不眠や頭痛を起こす事もあります。

ニッケルの含有量も多くなっているので
アレルギーを持っている人は
注意が必要になるかもしれません。

 

但し、食べ過ぎればということです。

1回5g程度、1日25gであれば
問題はありません。

(板チョコ一枚で100g)

 

高カカオチョコレートの効果&効能

血圧を下げる、肥満の予防
善玉コレステロールを増やす
がん予防、アレルギー、認知症の予防、

紫外線予防、疲労回復効果、
咳を抑える、歯周病予防、
集中力、記憶力を高める作用等多数

 

◆血糖値の上昇を抑える

糖尿病は予備軍を含めて
2000万人を超える時代になっています。

甘党にとっては、
甘いもの我慢するのは
結構キツイものです。

チョコレートを食べて
尚且つ、血糖値が下がるなら
まさに一石二鳥と言えます。

 

カカオに含まれるリグニンという
不溶性の食物繊維が

血糖値の上昇を抑える効果を発揮。

 

食事前に摂れば、
小腸でのブドウ糖の吸収が
緩やかになり、

急激な血糖値の上昇を抑えることができます。

また、血糖値を下げるのに効果を発揮します。

 

明治では、チョコレート摂ることによる
健康効果に関する実証研究を行っています。

最新の研究では、新たに便通や
腸内環境をに関する発見も発表されています。

 

血管を広げる作用から
血圧の低下がみられたこと、

精神的にも肉体的に活動的になること

善玉コレステロールの増加
活性酸素を消去作用に

アルツハイマー、記憶力や学習能力との
関係など等。

 

まだ、中間報告ではありますが、

高カカオチョコレートの
健康効果について、実証的な研究を
行っています。

↓↓↓↓↓
健康チョコライフ

 

●まとめ

 

チョコレート好きな人にとっては
嬉しい限りですね。

ちなみに今、コンビニで人気となっているが
明治の「チョコレート効果」

カカオ含有率72~95%

 

他のメーカーの商品では

ロッテのスイーツデイズ
おいしいハイカカオ

森永のカレ・ド・ショコラ

不二家の LOOK Carre
(ルック・カレ)カカオ70等が

人気となっているようです。

 

各メーカーによって、
カカオの含有率も多様です。

幾種類かのチョコを日ごとに変えて
口にしてみるのもいいかもしれません。

でも、食べ過ぎには気をつけましょう。

 

スポンサーリンク

コメント