体の悩み

風邪をひく空気感染のメカニズム!免疫力を高める為の工夫等で予防を

 

風邪は、誰でも一度はかかったことのある
お馴染みの病気ですが、正確には風邪症候群と
呼ばれるものです。

一般に万病の元と言われますが
これは、その時点で免疫力の低下が起こっているという
サインととらえることもできますし、

スポンサーリンク

体の中にたまった不純なものを
排出していくための状態なのに、薬によって
抑えてしまうことで

体内の掃除が出来なかったことで、
その後、さまざまな病気にかかりやすくなることを
示唆しているという見方もあります。

 

 

ココでは風邪にかかるメカニズムや
適切な対処の仕方などを書いてみたいと思います。

 

 

風邪の原因の約90%はウイルスによるもので、
現在、わかっているもので200種以上ものウイルスが、
確認されています。

代表的なウイルスがライウイルス、
コロナウイルス、RSウイルス、パラインフルエンザウイルス
アデノウイルスなどがあります。

 

病院では、熱や咳、鼻水など、
風邪の諸症状に対処していく為の薬が出されます。

抗生物質も風邪による二次的細菌感染を防ぐもので、
ウイルスをやっつけるものではありません。

 

つまり、風邪を治す特効薬は未だないということです

 

 

風邪のなかでも特に悪質なのがインフルエンザです。

 

一般的な風邪の場合は、鼻水や喉の痛み、
せき、くしゃみ、頭痛、悪寒、だるい、体の節々が痛い
などが主な症状です。

インフルエンザは、急に体の節々が痛んだり、
38度以上の熱が出て、風邪の諸症状も強く現れます。

 

風邪の場合は、うつった場合も
症状が現れるのにしばらくかかりますが、

インフルエンザに感染すると、1~2日ほどの潜伏期間を経て
その後突然症状が現れてきます。

また、風邪は風邪薬を飲んで
養生すれば治るのに対して、インフルエンザは
風邪薬では治らないので、病院へ行くことが必要です。

 

風邪のメカニズム ひいてから治るまで

 

鼻やのどからウイルスが侵入
ウイルスをたんなどの粘液で外に出す。
免疫力が弱まると、ウイルスが体内に侵入する

 

ウイルスが増殖
体に侵入したウイルスが増殖する。
それを体は外へ出そうとして鼻水が出る。

 

発熱の指令を出す
血液中の白血球が、ウイルスと戦い、
同時に視床下部に発熱の指令を出す。

 

熱が出る
ウイルスが増殖するのが35~36度、
熱が高くなると増殖しなくなる。
逆に免疫物質が活発になる。

スポンサーリンク

 

体は回復するが
回復へ向かい抗体ができる。
免疫力が弱いと、20種類ある別の風邪の
ウイルスや細菌に感染。

 

風邪をひいたら安静にして免疫力を高めよう

 

風邪は万病のもととよく言われます。

通常では1週間程度で治る病気ですが、
たかが風邪となどって、無理をすると

回復が遅れるばかりか、細菌感染や思わぬ病気を
合併することもあります。

 

風邪の特効薬がない以上、
風邪を治すための最善の方法としては、
十分な栄養、そして睡眠をとって、

体の中の免疫力を高めることが必要になります。

 

部屋を温かくし、
乾燥しないように湿度への配慮も必要です。

ウイルスは、空気の乾燥に比例して
その活動が活発化してしまうので、
50~60%に保つようにしましょう。

 

また、風邪をひいている間は特に、
部屋のほこりやタバコの煙も排除する必要があります。

加齢によって、肺活量が低下したり、
たんを出す力が低下するため、
風邪にかかりやすくなってくるので、気をつけましょう。

 

風邪をひいた時に適切な対処は必要ですが
まずは、ウイルスに感染しない工夫が必要です。

 

 

手合いやうがいは基本!

 

手は、思っている以上にウイルスや雑菌が付着しやすく
また、水洗いだけでは除去することが難しいので
薬用石鹸などで細かな手洗いが必要です。

うがいの効果は、菌やウイルスを
流し落とすということ以上に、乾燥から守るという
効果が期待されます。

 

 

バランスの良い栄養素の確保で免疫力をアップ

 

風邪に対する栄養面での具体的な方法は
バランスのよい食事で栄養素をしっかり摂ることに加えて、
ビタミンCの多い野菜や果物を摂ることです。

三大栄養素はもちろん、不足しがちな
ビタミンやミネラルなどの微量栄養素は
サプリメントなどのシッカリ確保することが必要です。

 

免疫細胞が活性化しやすい為にも
栄養素の確保が必要です、また、活性酸素対策を
行って、代謝の悪循環を避けるようにしましょう。

また、免疫の最前線である腸内環境を整えることで、
風邪を予防できるようになります。

 

あと、大切なことは腸を冷やさないこと。
体温以下の冷たい飲食物をいつもとっていると

腸の免疫力がうまく働いてくれませんので、
控えるようにしましょう。

 

 

あとは、積極的に運動をするなど、
規則正しい生活習慣を心がけ、

常日頃から風邪に強い体づくりを意識して過ごしましょう。

 

スポンサーリンク

-体の悩み

© 2020 生活の知恵備忘録 Powered by AFFINGER5