難聴の原因?高齢者がかかる老人性難聴の対処法&予防法のまとめ

体の悩み

年をとれば誰もが耳が遠くなる・・
確かにそうなのかもしれませんが

何もしないでいると
その”難聴”がキッカケになって、

認知症へとつながってしまう事も
あるかもしれません!

身内に高齢者が居たら
早めに対処してあげましょう。

スポンサーリンク

ココでは、どうして高齢者になると
難聴になりやすいのか?

ということやその為の対処法、
予防法などについてまとめてみました。

是非参考にしてみてください。

 

老人性難聴に気づいたら

老人性難聴の特徴は
高い音が聞き取りにくいことです。

耳が遠くなりかけた頃には
自分が難聴であることに
なかなか気づけないものです。

 

症状が進んでくると
左右どちらも同じように聞こえにくく
なってきます。

”会話ができないと訴えてくる”等

本人が自覚した時点では
かなり状態が悪くなっていって

治療が難しくなっているケースが
多いということです。

 

話しかけても、なかなか返事が
返ってこなかったり、

ボリュームをあげて
テレビやラジオを聞いているようなら、
老人性難聴の疑いを持って

早めに耳鼻科に受診しましょう。

 

特に高齢者の場合は、
衰えるスピードも早くなっているので
注意が必要です。

 

高齢者がかかる難聴の原因?

音が全く聞こないというわけではなく
聞き取りづらいのが”難聴”です。

難聴の原因が耳のどの場所にトラブルが
起こっているかによって

2つのタイプに分かれます。

 

1つ目が、人の声が
小さく感じてしまうタイプ。

音を伝達するところ
外耳と中耳に原因がある”伝音難聴

音は捉えられていても
何を言っているのかがつかめない
というタイプは

内耳の蝸牛から脳までの間に
原因がある”感音難聴

 

空気の振動として音を捉えるのが
外耳と中耳の役割で、

その振動を電気的な信号に変換して、
脳神経の伝達しているのが
内耳の役割です。

感音難聴は、血管の老化である
動脈硬化と密接な関係があります。

 

高齢者が耳の聞こえが悪くなる場合、
その多くは”感音難聴”です。

聴覚神経が老化によって
その働き悪くなっていたり

動脈硬化による血流の悪化から
必要な栄養素が神経細胞に届きにくく
なっている事などが原因です。

 

感音難聴は高度の難聴が多く
補聴器を使っても聞こえにくさは
改善されないことが多いとされていますj。

聞こえにくくなると

聴覚に関係する脳神経細胞自体の
働きも悪くなるのでは?

と考えられます。

 

人の体は、使わないところから
衰えてくるというのが原理です。

悪くなってから対処しようというのでは
その元である血管の老化を
予防することが大事です。

血管はゴムホースではありません。

必要な材料、栄養素があれば
遺伝子と自然治癒の働きで再生されます。

 

難聴への対処法&予防法

◆血流を良くする栄養を

耳鼻科などでは、
耳の治療にビタミン剤の投与が
行われます(ビタミンB群)

血流をよくしたり、
B6、B12、葉酸などは
血管の代謝に必要な栄養素。

スポンサーリンク

 

◆血管の目詰まりを改善を

動脈硬化などで古くなった血管には
タンパク質のゴミなどが
目詰まりを起こしている事があります。

納豆に含まれるナットウキナーゼや
ミミズの酵素などを利用して

詰まったタンパク質の塊を
掃除するのも効果的。

 

◆老化の原因・活性酸素対策を

体内で働いている抗酸化システムの
働きがよくなるように

銅、亜鉛、マンガン、セレニウム
バナジウムなどのミネラルや

ポリフェノール、フラボノイド等の
抗酸化物質を積極的に摂って

活性酸素や過酸化脂質対策を!

 

◆ツボ刺激

側頭部、もみあげ、エラまでを
指の腹や指先を使い、

少し圧をかけるように刺激します。

前側と顎の下はリンパ節に
つながるカ所でもあるので
特に重点的に行いましょう。

 

 

栄養素を補う時は、
総合ビタミン&ミネラルの
サプリメントの利用を!

 

 

中川雅文先生の耳ひっぱり

中川先生は、難聴の原因の一つに
老化による耳穴の形の変化を指摘しています。

 

加齢によって、顔の表情筋が
次第に硬くなり、縮んでいき、

地球の引力に引っ張られて
下の方へと下がっていくということです。

 

顔がたるんでくるにしたがって
耳も下の方へと下がっていく!

耳が下がってくれば
音の入り口である耳の形もいびつになって

だんだんと狭くなってきます。

音の通り道である
外耳道も折れ曲がった感じになり、

耳の変形が音を感知しにくく
しているとのこと。

耳ひっぱりを行うと
耳穴が次第に大きくなり、

 

外耳道もまっすぐになり、
その結果、音がよく聞こえるように
なるということです。

 

やり方は簡単・・・

右手の指で左耳の上の方を
持って、上の方にひっぱる
そして、横にひっぱる

左手の指で右耳の上の方を
持って、上の方にひっぱる
そして、横にひっぱる

それぞれ、2~30秒間を
そのままの状態にして保つ

これを1日に2回行うというものです。

 

年と共に体が硬くなる
耳も体の一部なので、同じように
硬くなっていくことが

イメージできますね。

血液の流れを良くしてあげることと

耳ひっぱりを行って
耳全体の柔軟性が高めるようにして、

音が耳の奥の方へと
入りやすいようにしてあげれば

難聴の改善や予防にも
効果が期待できそうです。

 

中川先生は、毎日、行う事で
耳と脳への音の刺激が習慣化し

長期的な効果に変わっていくことも
期待できると言われています。

 

まとめ

今回は、高齢者の難聴の原因についてや
病院での治療の他にできること

また、予防として取り組んでおいたら
良いことなどを取り上げてきました。

 

うちの叔母も今年90歳
80代後半から認知症が徐々に
進行してきた感じです。

今考えたら、そのきっかけは
難聴だったのかもしれません。

 

人の話がうまく聴き取れなくなってから
他人との交流が減っていったのは事実です。

それから、認知症の方が
進んできてしまったような感じがします。

 

もし、身内に高齢者がおられたら
難聴には充分注意してあげてください。

スポンサーリンク

コメント