体の悩み

花粉症の原因ige抗体とマスト細胞の関係!新たな治療法・舌下免疫療法(体験記)を紹介

春を待ち遠しく思っている人が多いと思いますが、
それとは反対に訪れてほしくないのが多量の花粉です。

くしゃみ、鼻水、鼻づまり、止まらない目のかゆみに、
涙などの症状が出てくる人にとっては、
大変憂鬱な季節でもあります。

できれば、あのつらい症状は、御免被りたいものですね。

スポンサーリンク

 

しかし、適切な予防や早めの対処を行っておけば、
つらい症状も少しは軽くすることも可能です。

そして、花粉症になる人とならない人の違いに気づけば
新たな対策がうてるかもしれません。

 

 

花粉症を起こす原因、IgE抗体

 

花粉症は、身体に入ってきた花粉に対して、
免疫システムが過剰に反応してしまうアレルギー反応を
示すことによって起こります。

体の中に入ってきた異物を
外へと排除しようとするのは体の自然な反応です。

しかし、それが過剰に反応してしまうことで
問題が起こってしまうわけですね。

 

原因となる抗体がIgE抗体です

アレルギーの反応に関係する抗体がIgE抗体です。

IgE抗体が肥満細胞(マスト細胞)表面にある
レセプター(受容体)に結合して、
ヒノキやスギなどの花粉を待ち構えます。

 

この状態から、花粉が鼻の粘膜につくと、
肥満細胞(マスト細胞)表面のIgE抗体に花粉が結合し

肥満細胞からヒスタミンなどの炎症物質が
放出されてしまうことで、くしゃみ、鼻水などの
花粉症特有の症状が現れてきます。

 

自分がどのアレルゲンに感作しているか、
IgE抗体を産生しているかは、血液検査でわかります。

ちなみに、日本では、スギやヒノキの他に、
イネ、ブタクサ、ヨモギなど凡そ50種類の植物が
アレルゲンとなると言われています。

 

 

花粉症になる人、なりにくい人の違いについて

 

1、遺伝的要素

花粉症の最大の原因はアレルギー体質の遺伝です。

母親か父親のどちらかに花粉症があると
子供にも遺伝するといったデータ結果があります。

また、花粉症に限りませんが、病気の発症には、
遺伝的要素(先天的要素)に環境要因が関係しています。

 

親がアレルギー持ちであって、
その遺伝子を受け継いでいても、発症しないのは、
環境要因が大きく関係しています。

 

40年~50年前には、ほとんど花粉症に
かかる人がいなかった事を考えると、

後天的な環境要因が大きく影響していることが
考えられますね。

 

2、食生活、ストレス過多の生活

後天的や要因として、身近なところでは、
やはり食生活でしょう!

 

糖質(でんぷん)が主な食事になっている
発展途上国では、今でも花粉症が少ないと言われています。

日本では、昭和40年以降、食の欧米化が
各家庭に浸透するようになり、

動物性タンパク質や脂肪の摂取量が増え
高タンパク・高カロリーの傾向になってきました。

 

以前から食生活の変化と、花粉症の増加の
関連性が指摘されていました。

スポンサーリンク

動物性タンパク質の過食は、腸内環境を悪化させ
アレルギー体質を促進させることがわかっています。

 

また、子供のころから不規則な食事時間や、
栄養のかたよった食事、

インスタント食品やスナック類(酸化した油)、
保存食、加工食品などの食品添加物を
多く含んだ食品を摂り続けていることも、

アレルギーを起こしやすい体質への変化の
原因としてあげられています。

 

また、ストレスを溜め込んだり、睡眠不足の
生活を送っていると、

ちょっとした花粉に対しても
過剰に反応してしまうことになり、

さらに症状が悪化してしまうことにつながります。

 

1日だけであれば、体は修正できても
毎日のこととなると、修正そのものがうまく
いかなくなってくるわけですね。

 

 

3、気づいたところから花粉対策をやっている

また、ここ数年、花粉が少ないといわれる年でも、
昔に比べたら飛散量が多いこともあります。

 

花粉のシーズン中に最初に取り組むべ きことは、
できるだけ花粉を近づけないことです。

できるだけ、花粉が粘膜に付着しないようにすることです。

 

うがいや手洗い、部屋の中に花粉を持ち込まないように、
衣類を外で払う、外に干した洗濯物や布団に付着した
花粉をシッカリ、はたきおとすといったことが大切。

また、春先は特に、花粉が付着しやすい素材の
衣服着用は避けるようにすることです。

 

髪に花粉が付着したからといって、
症状がおこるわけではないですが、髪に付いた花粉が落ちて
目や鼻に入ったりしますので、

長い髪の人は束ねるという工夫も必要です。

 

帽子はなるべく、ツルツルした素材のものを選び、
外出先から帰ってきたら、帽子の花粉を外でしっかり落とすこと。

コマメに、普段の生活の中でのいろいろと工夫して
対処することが大切になってきます。

 

 

花粉症の新たな治療法・舌下免疫療法(体験記)

 

1昨年の14年の10月に舌下免疫療法が
保険適応になっています。

この治療法は、舌の下に少量のアレルゲンを滴下
アレルゲンは、スギ花粉の液

身体をアレルゲンに慣らして、
アレルギー症状を緩和させるというものです。

 

皮下注射による免疫療法と比較して、
通院する頻度は少なくなり、

アナフィラキシー等の思い副作用を伴う
リスクがうんと低くなっていることから、

今後、多くの医療現場で取り入れられていくようです。

但し、副作用のリスクがないというとで、
その分、皮下注射ほどの効果が期待できない
場合もあるようですね。

 

こちらのサイトの舌下免疫療法の体験記は
参考になります。

[blogcard url=”http://xn--l8j0a5jld.com/cure-kahunsyo02/”]

 

 

いずれにしても、遺伝子的要素があっても
かからない人がいるということは、

後天的な要素がかなりの影響を与えていると
考える方が自然かもしれません。

 

一番は、根本的な食生活の改善と
規則正しい生活です。

良い生活をパターン化させることが
免疫力や体の強さにつながります。

 

スポンサーリンク

-体の悩み

© 2020 生活の知恵備忘録 Powered by AFFINGER5