疲労感や倦怠感を感じる、休んでも回復しない時?疲れたなぁーが口癖になった時の解消法

体の悩み

複雑な人間関係、多忙な仕事の連続等、
日常生活のなかで、ついつい”疲れたなぁー”と
感じることは誰しも多いはず。

体の調子がいい時は、一晩寝れば
すっかり体の疲れもリセットされ、

また、元気に一日過ごしていこうという
エネルギーも湧いてきたことと思います。

スポンサーリンク

逆に、この疲労感がまったくなくなってしまったら
どうなってしまうのでしょう?

 

まったく疲れを感じないしたら
人間は休むことなく働き続け、やがてエネルギーは枯渇し
疲労によって命をなくしてしまうかもしれません。

疲労感は、脳が危険を察知して、
身体に対して発信する休めの信号になるんですね。

 

肉体的な疲れでも、精神的な疲れでも、
通常は睡眠などの休養をとることで解消されます。

人間の体はそういうふうにできているんですけど
現代人は、現代病とも呼べるほど多くの人が
感じているのが慢性疲労です。

 

慢性疲労はストレスなどが原因で引き起こされる
脳神経系の機能障害で、慢性疲労症候群と呼ばれています。

統計では、日本人の10人に1人が該当。

 

慢性疲労症候群の人は、日常的に疲労感を感じ、
仕事や勉強などの作業効率が
格段に下がるということが知られています。

 

エネルギーが枯渇している状態です。

 

 

 

同じ年格好でも疲れやすい人と疲れにくい人がいます。

 

その違いはいったい何でしょう。

 

 

疲れにくい人は、体内にエネルギーが蓄積され、
ストレスなどへの抵抗力があるのが特徴です。

 

具多的には、常日頃から体を動かすために
必要な栄養素をバランスよく摂り、

運動することでストレスへの抵抗力や
適応力が養われています。

 

疲労回復に関する商品やサービスは巷にあふれています。

 

裏を返せば、それほど多くの人が
慢性的な疲労をかかえ、
リセットしたいと願っているということです。

疲労は、エネルギー源が不足している
仕事などでストレスを感じているという時に
特に感じやすくなると言われています。

 

タンパク質、ビタミン類、糖質などの
バランスのよい食事を摂り、自分なりのストレス発散法を
取り入れることが大切になってきます。

スポンサーリンク

疲れがなかなかとれないと感じている人は、
まずは、疲れにくい体をつくっていきましょう。

 

 

その方法の基本は、適度な運動、そして食事です。

 

運動

週に2~3回以上、ウォーキングなどで
体を動かすようにする。

運動をして、汗をかくと水分やミネラルが
失われるため、水分やミネラルが摂るようにする

 

食事

タンパク質
分解酵素によってアミノ酸に分解され、
不足すると筋肉が弱り、内臓の働きも備えて疲労しやすくなります。

ビタミン類
披露予防には欠かせない栄養素。
とくにビタミンB、C、Eには抗疲労作用がある、
野菜だけでなく肉などにも含まれる

糖質
労働や運動などの効率のよいエネルギー源。
糖質を補給することで血糖値を正常な値に期待でき、
疲れにくくなる。

 

そして、良質な睡眠も忘れずにです。

 

現代人は、相対的に睡眠をおざなりにしてしまう
人が多い感じがします。

 

特に、時間に追われている人は、
睡眠時間を削ってという意識が働いてしまうようですが

逆に、そのことが体にとっては、
マイナスに働く場合の方が多いです。

 

睡眠時間を削るということは、
生命を削るに等しいということを意識しましょう。

シッカリ、8時間前後は、確保したいものです。

 

 

自分なりのストレスの発散方法などを
身につけておくことも大切です。

 

よく笑う、音楽を聴く、入浴、マッサージ、
指圧、ストレッチ、ウォーキング、
アニマルセラピー、アロマセラピー、
十分な睡眠をとる、食事をよく噛む、
正しい姿勢、適量の酒を飲む。

 

あとは、爪もみ療法を行って、
交感神経優位に傾きがちの状態をリラックス神経の
副交感神経優位な状態にシフトすることです。

 

 

 

運動とバランスの良い食事を心がけ、
自分のストレス解消法をさがしましょう。

疲労の回復には、対症療法的な方法をとるよりも
生活習慣の改善を意識して、疲れにくい体づくりを
試みるようにしましょう。

スポンサーリンク

コメント