尿酸値とクレアチニンの両方が高い時は腎臓のピンチ?特に女性の場合は・・

体の悩み

痛風の前兆とも言える数値が尿酸の値です。

少しぐらい高くても
逆に元気の証拠という見方も
あるようです・・・

しかし、クレアチニンの数値が
同時に高くなっていれば、

腎臓がピンチになっているかもしれません。

スポンサーリンク

 

生活習慣を見直して
尿酸値を下げる対策が必要です。

特に女性の場合は・・・

今回は、尿酸値とクレアチニンの関係や
尿酸値を下げる方法などを

まとめてみましたので
参考にしてみてください。

 

尿酸値とクレアチニンが高い時・特に女性は注意

 

男性と比べて女性の場合は
エストロゲン(女性ホルモン)の影響で、

元々、尿酸値は上がりにくい体質になっています。

その為、高尿酸血症や
痛風にはなりにくいのですが・・・

 

それでも出やすいという人は
度を越えた、飲み過ぎや食べ過ぎが
関係しています。

食生活の見直しが必要!

 

 

尿酸値が高い時に
気をつけたいのがクレアチニン
数値です。

クレアチニンは腎機能の低下を示す数値

クレアチニン値の基準値は
成人男性0.66-1.13 mg/dl、
成人女性0.48-0.85 mg/dlです。

 

クレアチニンは筋肉でつくられる
老廃物ですが、

血中クレアチニンの値は

腎臓の糸球体で濾過できずに
血中に残ったもの。

腎臓の働きが悪くなっていると
その数値が高くなります。

 

毛細血管のかたまりみたいな臓器が
腎臓なのですが、

その腎臓の血管内に
結晶化した尿酸が流れてしまうと

血管に傷害を与えて
腎機能を低下させるリスクがあります。

 

一度、機能が低下した腎臓は
回復させることは難しいと
言われているので、

尿酸値が高くなっている時には、
痛風よりもコチラの方が怖いですね。

 

特に女性・・・
閉経後、エストロゲンの分泌量が
劇的に少なくなる頃は、

我慢して抑えていたものが
一気に決壊する感じになるので、

尚更、気をつけたいところです。

 

尿酸値が高めの数値を示していたら
早めの対処をとりましょう。

 

尿酸値を下げるには

 

体がエネルギーをつくるために
燃料を燃やしたあとの燃えカスが尿酸です。

1日で約700mgの尿酸がつくられ

同じ量の尿酸が腎臓で処理されて
おしっこと一緒に体の外へ捨てられます。

尿酸(燃えカス)を処分しながら
体内には、常時、1200mgの
尿酸が存在しています。

この尿酸の材料になっているのがプリン体です。

 

プリン体の80%は体内でつくられるので、

肉食は一切しないという人でも
痛風になるのはそのためです。

スポンサーリンク

通常の食事の場合は飲食物から
摂取するプリン体に影響が限られます。

 

しかし、せめて食べ物から摂る
プリン体は少なくしたいものです。

 

プリン体は、鶏、豚、牛のレバー
鶏のささ身、砂肝、かつおぶし

いわし、あじ、かつお、さんまの干物
車エビ、にじます、かき、ビール

特に、ラーメンのスープなどには、
多くのプリン体がふくまれています。

 

ちなみに、脂肪分の摂取には
気をつけたいところ。

脂肪分の多い食べ物を口にすると
分解される過程でケトン体という成分が
多くつくられますが、

体の中にこのケトン体が増えてくると
尿酸の処理がうまくできなくなり
尿酸値は高くなります。

 

それに関連してですが・・・

肥満になっていると
インスリンの効き目が悪くなり

血中に余ったインスリンが
尿酸の排泄を邪魔してしまうことが
わかっています。

 

 

尿酸値を下げる為に大切なことは
尿酸を速やかに排出すること!

 

プリン体の摂取量をコントロールしても
20%の影響力しかないのですから

残りの80%の対処法が必要。
それには、排泄する力を良くすることです。

 

今年1月に放映された
NHKの「ためしてガッテン」では、

尿酸値を下げる食品として
牛乳やヨーグルトなどの乳製品が

尿酸の排泄を促す効果があると
紹介していました。

豆乳にはその効果はなかったようです。

 

また、水分をよく摂ることも大切です。

尿酸値を劇的に下げる効果はありませんが
上昇を防ぐ効果は期待できます。

水は比熱が非常に高い物質なので
なるべく人肌程度にしたものを

飲むようにしましょう。

 

まとめ

今回は、尿酸値とクレアチニンの
両方が高いときは、腎臓は危ないということ・・・

そして、なるべく早く尿酸値を
下げる為の方法について書いてきました。

 

肝腎要の腎臓は、体内の老廃物を
排除してくれる大切な臓器です。

日本では、人工透析を受ける人が
年々増加しているといわれています。

 

透析も年々進化し、働きながらでも
できるようになっていると聞きますが、

やはり、自前の腎臓には、
元気で活躍してほしいものです。

 

腎臓を壊してしまわないように

日頃から尿酸値が高ければ、
暴飲暴食を控えるようにして、

生活習慣を改善していきたいところです。

スポンサーリンク

コメント