体の悩み

家庭でできるノロウイルスの感染予防!家族1人1人の意識が対策に繋がる

日本全国で猛威をふるうノロウイルス。

ノロウイルスの感染は、
人から人への感染と
食べ物からの感染に分けられます。

人を通しての感染は、
感染者の嘔吐物や便に触れた手を介して

ノロウイルスが口から体内に
入ってくることで起こります。

スポンサーリンク

 

感染者の嘔吐物や便を掃除した後に
手をよく洗ったつもりでいても、

洗い流しによってノロウイルスが
残っている場合があるので注意が必要です。

 

食べ物からの感染は、
ノロウイルスに汚染された食品を

生や不十分な加熱のままで
食べることで起こります。

 

今回は、家庭内でノロウイルスの
感染が広がらない為に行うことや

もし、家族の誰かが感染した場合、

それ以上、広がらない為には
どうしたらいいのか?について
まとめてみましたので

是非、参考にしてみてください。

 

家庭内へのノロウイルスの感染を予防しよう

 

■手洗い

ノロウイルスの感染予防で
最も大切なのが”手洗い”です。

家に帰ってすぐ、
そして食事前には、流水&石鹸で
シッカリ手洗いをすることです。

厚労省のサイトで紹介されていた
手洗いの方法を簡単にまとめると

 

1、流水で手を洗い十分な量の
洗浄剤を手にとる

2、手の平、指の側面を洗う

3、手の甲、指の背を洗う

4、指の間、股を洗う

5、親指と親指の付け根を洗う

6、指先を洗う

7、手首(内外側面)を洗う

8、流水で洗浄剤を洗い流して
清潔なタオルで拭く

 

ノロウイルスは”アルコール”では
十分に消毒できないので、

石鹸と流水によって、
入念な手洗いで洗い流すことが重要。

念には念を入れてって感じですね。

■生食

乳幼児や高齢者、体調不良の時は
生ものは避けるようにしましょう。

調理をする時は、
中心が85~90度くらいの温度で

シッカリ加熱(1分30秒)したものを
摂るようにしたいものです。

大量の海水を飲み込む二枚貝は、
その内臓にノロウイルスを溜め込んで
いることも多いので

特に注意したいところです。

 

■料理をする時

料理をするときには包丁やまな板などの
調理器具がノロウイルスに

汚染される可能性があるため

他の食材とは調理器具を分けるか
最後に調理をするようにます。

ノロウイルスは過熱に弱いので

料理が終わったら
調理器具は、シッカリ熱湯消毒しておくことです。

料理した人はシッカリ
手洗いをしておくことも大切。

 

■部屋の湿度

ノロウイルスが流行する時期になったら

部屋の温度は19~20℃。
濡れタオルを干すなどの工夫をして

湿度50~60%を保つようにしましょう。

それでも感染した場合・・・

 

他の家族に感染させない為には?

菌には絶対、触れないように
することが非常に大切です。

スポンサーリンク

◆嘔吐物

感染で嘔吐した場合は、
人を遠ざけ、部屋の換気が必要です。

そして、嘔吐物を処分する時には

手袋やマスクをして
足にはポリ袋などを履くようにします。

嘔吐物は、塩素系漂白剤を水で薄めた
高濃度希釈液しみこませた

ペーパータオルで覆い、
汚れを静かにふきとります。

 

さらに嘔吐した場所の消毒には、
塩素系漂白剤の低濃度希釈液を噴霧。

使った後の手袋やマスク等は
二重に重ねたポリ袋に入れ、

よく消毒を行った後に
各自治体の指示を守って処理します。

 

◆ノロウイルス撃退! 消毒液の作り方

塩素系漂白剤を使った
希釈の仕方についてです。

〇高濃度の希釈液

塩素濃度が5%程度の漂白剤の場合
水で50倍に薄めます。

1%なら10倍に薄めます。

トイレとか、床、衣類な等の消毒に

〇低濃度の希釈液

塩素濃度が5%程度の漂白剤の場合
水で250倍に薄めます。

1%なら50倍に薄めます。

おもちゃとか食器類の消毒に

 

■トイレの感染予防

トイレのドアをはじめ、
触りそうな箇所はシッカリ消毒。

トイレ使用後は便座のふたを
シッカリ閉じてから流しましょう。

二次感染しない為にも
汚物はシッカリ処理する事です。

ちなみにノロウイルスの症状が
おさまっても、

ウイルスが体内から無くなるのには
2週間~3週間はかかると
言われています。

ですから、トイレの消毒や
便座のふたを閉じることは

1カ月位、継続することです。

 

●他の対策方法

スチームアイロンの活用

ノロウイルスは85度、
1分間以上の熱消毒でも死滅します。

スチームアイロンを2分以上当てると
表面が85度になる。

衣服の消毒にオススメ。

最近では、塩素系での消毒の代わりに
水と食塩でつくる機能水を使う
ケースもでてきました。

 

まとめ

 

今回は、家庭内でノロウイルスの
感染が広がらない為の予防についてや

もし、感染した場合に、他の家族に
感染しない為の対策法などについて
まとめてみました。

 

一番の予防法は免疫力を高めることです。

ノロウイルスは、強い感染力を持つウイルスです。

 

人によって
かかりやすい人、かかりにくい人が
いるという事実があります。

どこにその差が・・・

日頃から元気な人、
免疫力が高い人は、

相対的にウイルスに感染しにくいことが
想定されますね。

 

感染を予防する為には
免疫力を高める事が大切です。

特に免疫の最前線
腸内環境を整えることです。

 

環境を悪化させるのは
食性に合わない食べ物と
冷たい飲食物は飲まないこと

過度なストレスに疲労
睡眠不足には気をつけましょう。

 

ノロウイルスは乾燥する
冬場に多い感染症ですが、

年間を通して、感染リスクがあるウイルスです。

 

普段から食生活や睡眠などの
ライフスタイルに注意して
身体を良い状態に保ち、

ノロウイルスに打ち勝つ
免疫力を保っておきましょう。

スポンサーリンク

-体の悩み

© 2020 生活の知恵備忘録 Powered by AFFINGER5