体の悩み

ケトン体の糖質制限は体にいい!?若返りと健康づくりの効果に期待

 

糖質制限をやりながら
タンパク質や脂質の摂り方に
一工夫してみると

体内にケトン体が生まれます。

ブドウ糖、ケトン体、
そのどちらであっても

人の細胞は、それらを使って
エネルギーを生み出せます。

問題は、そのどちらが
人の体に適しているのか?
ということですね。

スポンサーリンク

ココでは、糖質制限による
ケトン体質がほんとに体にいいのか?

まとめてみましたので
是非、参考にしてみてください。

 

糖質制限でケトン体質を

 

ごはんやパンなど、
糖質を多く含んだ食べ物は摂ると

胃や食道で消化酵素の働きによって、
ブドウ糖のサイズまで分解され、
腸から吸収されます。

取り入れられたブドウ糖は、

細胞内で共生している
ミトコンドリアでエネルギー物質の
ATP(アデノシン三リン酸)に変換され

そのエネルギーによって
人間は活動しています。

 

ミトコンドリアでエネルギーに
変換できる物質は

”ブドウ糖”だけではありません。

”ケトン体”と呼ばれる物質も
エネルギーに変えられます。

ケトン体は、ブドウ糖が不足した時、
脂肪酸を材料に肝臓で生成される

アセト酢酸、βヒドロキシ酢酸、
アセトンの総称になります。

 

エネルギー効率からいっても
ブドウ糖はケトン体の比ではありません。

瞬発力も持続力もです。

 

グーグーと鳴るくらいに
お腹が減っている状態の時には、

ケトン体は、体内にたまっている
内臓脂肪とか皮下脂肪の脂分を原料にして、

かなりの量が生成されていると言われます。

 

反対に空腹感を感じない状態にあると
ケトン体は生成されません。

ケトン体が生成されるのは
長寿遺伝子・サーチュインに
スイッチが入る事が

関係していると言われています。

 

毎日1回程度、空腹感を味わう
生活習慣をつくっておくと

アンチエイジング効果を発揮しながら

健康で長生きすることへ
かなり良い影響を与えてくれます。

 

最近解明されていることですが、

新生児の血液にはブドウ糖は
ほとんど存在していなくて

ケトン体が相当量があるようです。

下記の著書の中で明らかにしています。

 

 

このことからわかる事は
成長のスピードが著しい新生児の
エネルギーを支えているのが

ケトン体ということです。

ブドウ糖からケトン体へと
エネルギー素材を転換していく・・

そんな食事の仕方になるように
一工夫していく価値はあります。

 

糖質制限が長寿に導く

 

人類が狩りをして
食糧を確保していた時代から

スポンサーリンク

穀物栽培で食事事情を安定させたのは
今から1万年前と言われています。

その頃から、糖質食品を多く摂る
時代になりました。

 

体内にブドウ糖が多くあると
ケトン体を燃焼させない
システムを備えているそうです。

定期的に糖質を口にするようになり
ブドウ糖体質をつくってしまうと

ケトン体をつくる能力は低くなります。

使わないと失われるのが
体の仕組みです。

 

ネアンデルタール人が滅びの道を
たどってしまったのは、

ケトン体でのエネルギー生成システムを
失ってしまったからとも言われます。

 

ご飯やパンを食べれない状態になると

体内のタンパク質を壊して
ブドウ糖を生み出す方法しかなくなるので、

筋肉などのタンパク質が壊され、
動くことでできなくなるわけです。

 

今は糖質食品があふれかえっている状態なので

ケトン体がつくれない体質になっていても
糖質制限をしっかりやって、

体内でケトン体に転換してくれる
中鎖脂肪酸を適度に摂っていると

このケトン体を働かせる仕組みを
再稼働させることができます。

 

ケトン体をエネルギーに変えるという
働きを完全に失ってしまう前に、

お腹が空いてから食事を摂るという
習慣を身につけましょう。

そして、大切な仕組みを
失わないようにしたいものです。

 

 

ココナッツオイルでケトン体質を

 

ケトン体は、何かの食べ物から
体の取り入れるものでありません。

パンやごはんなど糖質制限をすることで
体内に自然とできるものです。

その材料となるのが中鎖脂肪酸。

今、人気のココナッツオイルは中鎖脂肪酸です。

 

このオイルを毎日、大さじ2杯程度を
毎日摂り続けるとケトン体質の
道が開けます。

注意点が二つあります。

 

一つは、脂質はカロリーが非常に高いので、

いくら体に良いといっても
食べ過ぎになると肥満を招くということ

二つ目は、αリノレン酸系の油
DHAやEPAも同様に大さじ一杯は
摂りたいところ。

 

植物油で摂るなら
エゴマ、シソ、アマニの油です。

油は、摂りすぎとバランスに
気をつけることです。

 

まとめ

 

糖質制限を行ってケトン体質づくりを
実践することが、

アンチエイジング効果や健康づくりに
非常に役立つことを書いてきました。

メタボが蔓延している現状をみると
日本人の体の代謝が

どこかおかしくなっているな・・・
と感じます。

 

”なにをどう食べるか”

もう一度、原点に振り返って
考える時が来ているようです。

ケトン体質づくりについては、
実践してみる価値があると感じますので

是非、チャレンジしてみてください。

スポンサーリンク

-体の悩み

© 2020 生活の知恵備忘録 Powered by AFFINGER5