キウイアレルギーの症状|その原因と対処法?花粉症&ラテックスとの関係にも注意

キウイアレルギーの症状やその対処法について・・・

日本人の果物の消費が減っていると言われています。そのなかで唯一、その消費量が伸びているのがキウイだそうです。

スポンサーリンク

 

そうした消費量の増加とともに気になるのキウイのアレルギー。

ひどい場合は、アナフィラキシーショックを起こして命の危険を招くこともあるといわれています。

 

そこで、今回は、キウイアレルギーの症状やキウイの何がアレルギーの原因物質になっているかアレルギー反応を起こした時の対処法

キウイアレルギーと花粉症との関係
そして、検査法についてまとめてみました。

 

キウイアレルギーでみられる症状?

キウイを食べるとピリピリした感じがすることがありますが、これはアレルギーと特定できません。

 

キウイにはアクチニジンと呼ばれるタンパク質分解酵素が含まれています。

口のなかをおおっている粘膜は主としてタンパク質でできているので、アクチニジンが作用すると口の中の粘膜が壊され、キウイの成分が直接舌の神経を刺激することになり、それでピリピリした感じがしてくるわけです。

 

キウイを食べた後に、このピリピリした感じとは明らかに違うものだったり、口のなかや喉以外に何らかの症状が出ている場合はアレルギーを疑ってみましょう。

 

どんな症状がでてくる?

キウイアレルギーは、キウイ食べて15分後程ででてきたり、人によっては1~2日後に出てくる場合もあります。

口のなかや口の周りにあらわれる症状

〇 唇の腫れ
〇 喉がイガイガする。

〇 口の周囲のかゆみ、赤み、
〇 舌にブツブツ

〇 口腔内のかゆみ
〇 唇のしびれ、腫れ、
〇 喉のイガイガ感

 

消化器系や呼吸器系にあらわれる症状

〇 下痢や腹痛、吐き気

〇 気管支喘息の発作があらわれ
呼吸困難も・・・

 

湿疹が手足のやわらかいカ所にでてくる

重症になってくると同時にいろいろな症状がでてくるアナフィラキシーショックが現れることも。特にキウイは、他の果物アレルギーのなかでもアナフィラキシーへの注意が必要です。

アナフィラキシーとは
人や他の哺乳類で認められる、急性の全身性かつ重度なI型アレルギー反応の一つ

 

 

キウイアレルギーの原因物質は?

アレルギーは、本来、体を守るはずの免疫の働きが過剰に反応してしまうことから起こります。

 

キウイのどの物質が原因となって反応しているかというと・・

・先ほどあげた酵素アクチニジン

キウイにできるカビ

フィトシスタチンというタンパク質
(黄色の果肉をしたキウイに含まれます)

 

◆気をつけたいその他の果物

ちなみに、キウイ以外に酵素アクチニジンを含んだ果物にはパイナップルやパパイヤ、メロン、いちじく等があります。

アレルギー反応がある人は、こうした果物にも反応してしまう確率は非常に高いので注意したいところですね。

 

 

キウイアレルギーの対処法&応急処置

キウイを口に入れた段階で「あれ これはちょっとおかしいぞ・・」と思ったら即、吐く出すようにしましょう。そして口をゆすいでください。

 

アレルギーの原因である酵素はタンパク質です。60度あればその構造は壊れるので、熱めのお茶やお湯を飲むなどして対処します。

アナフィラキシーショックを起こしていたら有無を言わず救急車を呼びましょう。

 

病院での治療・・・重症であれば安静。ステロイド、抗ヒスタミンの点滴
軽症なら、抗ヒスタミン、抗アレルギー剤の服用

そして、その後の生活フィールドからは、とりあえず”キウイ”を排除することです。

スポンサーリンク

 

キウイアレルギーと花粉症の関係?

果物アレルギー(口腔アレルギー)になる人は、花粉症になった後、その構造とよく似た果物をとった時に起こります。

 

花粉症を起す花粉アレルゲンと果物が持つアレルゲンが共通することから口から入ったアレルゲンと花粉症に関係する抗体が反応してアレルギーを起こします。

体の方が「花粉が入ってきた!」と勘違いするわけですね。キウイは他の果物のよりもこの現象が多くみられるようです。

 

ハンノキ”と”白樺”この二つの花粉症をもっている人は、キウイは食べないようにしましょう。

同じ理屈になりますが、天然ゴムの木の樹液(ラテックス)にアレルギーがある人も花粉症をもっている人と同様です。

 

アレルギーの有無についての検査法

キウイアレルギーがあるかどうかの判別するには皮膚科やアレルギー科でアレルギー検査でわかります。

 

一般的には、腕の内側の皮膚にアレルゲンを貼って反応を見るパッチテスト。

皮膚に少し孔をあけてアレルゲンを塗布するスクラッチテスト

そして血液検査では、キウイのIgE抗体を測定します。

 

ちなみに血液検査では一度に30種程度のアレルギー検査が実施可能です。

 

パッチテストでの反応がわかるのは1~2日程度かかりますが、プリックテストの場合は15~20分程度で終了します。キウイアレルギーがあれば、皮膚が赤くなったり、膨れたりします。

 

費用は血液検査で5000円程度、ブリックテストでは複数でなければ400円程度で済みます。

 

キウイアレルギーは治るのか?

西洋医学の世界では、乳児期に発症した果物アレルギーは治る可能性もあると言われていますが、幼児期を過ぎても症状が見られる場合は、治るのは困難としています。

 

東北大学大学院医学系研究科病理学教授 名倉宏先生は、キウイなどの食物アレルギーが増えてきた背景には腸の粘膜バリア機能の破壊があると指摘しています。

先生の研究によると・・・食物アレルギーの人の腸をファイバースコープで検査すると腸の粘膜が壊れていて、腸のバリア機能がうまくはたらいていな状態にあるそうです。

 

食物アレルギーがバリア形成がまだできてない子供に多いのはそのためで、大人の場合も何かの力が働いてバリアが壊され、そのことが食物アレルギーの背景となっていると言われています

食べ物自体は人の体にとっては異物です。腸内細菌や食物などと一緒に口から入りこんできますから、消化管には何重ものバリア施されています。

 

そのおかげで食べ物などから体に必要な栄養素だけを吸収して、アレルギーの原因になる物質など体に害になるものは入りこまないようになっています。

 

キウイアレルギーをはじめとする果物や食物のアレルギーを治すには、そして、腸内環境を整えて、善玉菌優位な状態を保つこと、冷たい飲食物や過度なストレスを感じて腸に余分な負荷をかけないことが大切かと・・・

 

腸の状態を少しずつ改善していって、体を少しずつアレルゲンに慣らして行くことで、アレルギーを克服する事もありかと思います。

ただ、その過程でアレルギー反応が強く出て、呼吸困難など危険な状態になる可能性もあります。自己判断は危険なので、かかりつけのお医者さんと相談しながらやりましょう。

 

まとめ

今回は、キウイアレルギーの症状やキウイの何がアレルギーの原因物質になっているか・・アレルギー反応を起こした時の対処法、キウイアレルギーと花粉症との関係そして、検査法についてまとめてみました。

 

今やキウイアレルギー等の食物アレルギーは、アレルギー全体の10%弱まで増えているそうです。

対症療法的な手段で症状を抑えるのにも限界があるような感じがします。

 

呼吸、食事、睡眠、運動など、生活習慣を根本から改善し、ストレス過多の生活から脱却して、自律神経、腸内環境を整えることが必要かと・・・

ご購読いただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク

コメント