体の悩み

ふくらはぎのむくみの解消法&筋肉を鍛えて予防する方法も紹介

 

デスクワークであったり
立ち仕事であったりすると

どうしても、ふくらはぎにむくみが
出やすくなりますね

だるさを感じるのは
血行が悪いからです。

パンパンにむくんだ状態にあったり

指で押して、凹んだままで
元にもどりにくかったりします。

スポンサーリンク

見た目も気分もよくないものなので
なるべく早く解消したいものですね。

 

今回は、ふくらはぎのむくみを
できるだけ早く解消させる方法や

ふくらはぎの筋肉を鍛えて
むくみを予防する為の方法について
紹介したいと思います。

是非参考にしてみてください。

 

尚、ココで紹介しているのは
あくまでも病的でないむくみに対してです。

何かの病気があって
むくんでいるときには、

シッカリ原因となっている
病気の治療を優先しなくてはいけません。

 

ふくらはぎのむくみの解消法

 

◆足の位置を高くする

1日中、立ち仕事であったり
長時間デスクワークをしていると、

ふくらはぎにむくみが起こりやすくなります。

ふくらはぎがむくむのは、
心臓から遠い場所にあることや

体の下部にふくらはぎが位置していて
重力の影響を受けるからです。

 

ですから、むくみを解消するのに
手っ取り早い方法としては

足の位置を心臓よりも高い位置に
置くようにすることです。

極々軽いむくみなら
この方法で解消されるはず。

 

◆運動&ストレッチ

むくみを解消させる王道の方法は、
やはり、適度な運動やストレッチです。

第二の心臓と言われる
ふくらはぎの筋肉は
運動不足によって衰えます。

筋肉が減るとポンプ機能が十分に働かず
血液の流れが滞ってしまいます。

 

時々、足首を回したり
ふくらはぎをもみほぐしたりして、

足にたまった血液を
少しでも心臓へと向かうように
補助してあげることが大事です。

 

◆着圧ソックス&ストッキングの利用

最近は、様々なメーカーが出している
着圧タイプのソックスや
ストッキングもおすすめです。

ソックスもストッキングも
つま先の部分では、圧力を低くし

足首あたりで、キュッと締めて
圧をかけるようになっています。

 

圧のかけ方は、ふくらはぎの部分が70%
太ももの方に向かうにつれて

圧を段階的に下げていくような
設計になっています。

元々は、ヨーロッパ諸国などで、
血栓症の予防や長時間立ったり
座ったまま仕事をする人の為に

医療用に開発されたもの。

 

足先の方をりラックさせ、
血液が流れやすくし、

足首から上は、血液やリンパ液が
心臓の方へと戻りやすいにように
つくられています。

着圧ソックスは、長時間履いていると
発疹やかぶれを起こすものもあるようですね。

 

利用者の声を調べてみましたが

治療目的で使用されている
アルコス社の”リカバリーソックス”の
評判がいいようです。

 

◇利用者の声~~

足のむくみが酷く悩んでおりました。
このソックスを履いてから、足のむくみが解消され快適です。
使ってから数ヶ月経ちましたが、未だ毎日洗濯しても圧迫感は維持しております。

スポンサーリンク

優しく、フイッとして使い易く、速攻で効果が期待できます。
むくみも取れ、欠かせません。
アマゾンへのリンク

デスクワークや
長時間立ちっぱなしの時にも

むくみにくくなっている事が
実感できるようです。

 

ふくらはぎの筋肉を鍛えてむくみの予防を

 

ふくらはぎのむくみは端的に言えば
血行不良が関係しています。

心臓から遠いことや
位置的にも心臓から低いところに
あることから

地球の重力に負けないように
ポンプ機能を改善していく必要があります。

 

◆つま先立ち

つま先を上げたり下げたりする運動を
毎日50回ほど行いましょう。

立っている時には
なるべく、つま先を上げておくことを
意識します。

つま先立ちをすることで
足首やふくらはぎの筋肉が鍛えられます。

体のバランスがとれたり
姿勢が良くなったりなどの
副次効果もあるので、

習慣にしてほしい方法です。

 

◆階段の上がり下がり

ふくらはぎを元気に保つのに
オススメしたい運動は階段の上り下りです

アキレス腱の伸縮がよくなります。

ふくらはぎの筋肉もよく伸縮して
ポンプ力が高まります

上りがキツイ人は、下るだけでも
十分な効果が期待できます。

 

階段を利用することは、
最高のふくらはぎ鍛える方法と
考えるようにして、

できるだけ階段のある道を選び
歩道橋を避けることなく

エレベーターはなるべく
使わないなどのマイルールを決め、

無理のない範囲で鍛えるようにしましょう。

平地よりもふくらはぎの筋肉が
強く鍛えられ、血流改善の効果が高まります

 

◆ふくらはぎを柔軟に

血行を良くするには
ふくらはぎを柔軟にする運動も
必用です。

足首の柔軟性を高める運動から始めましょう。

足首の関節が硬いと、
ふくらはぎの筋肉の伸縮する回数が
減ることになり、血流が悪くなります。

 

座って行う前屈運動もふくらはぎの
こわばりをほぐすのにおすすめです。

最後にケアとして、
ふくらはぎへのマッサージも
忘れないようにしましょう。

ちょっとキツメの運動で
鍛え上げたふくらはぎが健康とは限りません

 

ハードに足を動かしたら
同じくらいの時間をかけて。
ねぎらってあげください。

 

◆むくみには注意が必要です!

むくみは、血行が悪くなっていて
体が冷えて、血栓が出来やすくなっているサインです。

脳梗塞などの重大な症状が起こる前に
血液とリンパの流れを改善することが必要です。

 

まとめ

 

ふくらはぎのむくみの解消法や
むくみを予防する為に、筋肉を鍛える
方法について紹介してきました。

是非、参考にしてみてください。

 

また、足の血行不良は放っておくと
重い病気につながることもあります。

例えば、高血圧の人は、

ふくらはぎの筋肉が
硬くこわばっていることが多く

その為、むくみになりやすく
なっていることもあるようです。

 

これは、「第2の心臓」が
うまく働いていない証と言えます。

ふくらはぎは、血液やリンパの循環を
よくする要となるところなので

むくみやすい状態にある人は、
なるべく早期に解消するようにしましょう。

スポンサーリンク

-体の悩み

© 2020 生活の知恵備忘録 Powered by AFFINGER5